SCSK GROUP

ワークスタイル

Flex Work Place Passage FAQよくあるご質問

機能に関するご質問

A
RAMディスクはメモリ上に存在するため、ログオフ、シャットダウン、再起動の実施により消去されます。
A
ファイルを開かずにフォルダーを参照するだけの場合は、ファイル一覧の情報を取得するだけなので、わずかですが発生します。
A
デフォルト設定ではローカルポリシーにより禁止されます。設定により使用可能にすることも可能ですが、データレスの観点から推奨していません。
※制御は端末単位となり、ユーザー単位、ポート単位での制御は不可です。
※他のツールでデバイスコントロールを実施している場合はそちらが優先されます。

ライセンスに関するご質問

A
Passageを利用する人数(従業員数)となります。
A
ADアカウントを重複利用する場合も利用人数分のライセンス購入が必要となります。

導入や運用に関するご質問

A
  • 1.ユーザーを管理するためのActiveDirectory、リダイレクト先のファイルサーバー、PCが必須要件です。
  • 2.ファイルサーバーとPCは同一のADドメインに参加している必要があります。
  • 3.ファイルサーバーにはPCローカルに保存されているデータ全台分の空き容量の確保が必要です。
  • 4.Windowsの「フォルダーリダイレクト」「移動ユーザープロファイル」機能との共存はできません。
  • 5.CADデータなどサイズの大きなファイルに頻繁にアクセスする利用環境の場合、ネットワークに負荷がかかり、利用に向かないケースがあるため、導入前検証を推奨します。
    (無償トライアルプログラムをご用意しています。https://www.csi.co.jp/solution/workstyle/fwp_trial.html
A
はい、VPNのご用意を推奨します。リダイレクトにはCIFS(Common Internet File Service)が用いられ、通信の暗号化はされません。
A
通常のPCと同様に、PCとファイルサーバーそれぞれにウィルス対策ソフトをインストールすることを推奨します。
A
メーカーの推奨はWindows Serverですが、NetAppをリダイレクトサーバーとして利用している事例もあります。
A
IaaSのWindowsServer上のファイルサーバーであれば利用可能です。ただし、PCと同じドメインに参加している必要があります。
A
通常PCローカルで保存しているMicrosoft OutlookのPSTファイルをネットワークドライブ上へ保存することは、Microsoftが非推奨としているため、PSTファイルがPCローカルに残らない Outlook Web Access(OWA)の使用を推奨しております。その他にも解決策として、PCローカルにデータが残らないmailerの使用や、PCローカルHDDの不可視領域にPSTファイルを残す方法があります。
A
Passageを導入する際に使用した管理者用アカウントでインストールすることが可能です。
A
Passageの制御はユーザーログオンプロセスに対して行われるため、OSやサービスのSYSTEMプロセスには影響しません。

保守サポートに関するご質問

A
横河レンタ・リース株式会社が保守サポートを提供します。 契約期間は原則1年単位です。
  • 【保守サポート内容】
  • 1. バージョンアップソフトウェアを取得する権利
  • 2. Mail、電話によるソフトウェア製品に対する問合せ
【対応時間】
(1)電話 平日9:00~17:00
(2)Mail 平日9:00~17:30
但し、12/29~1/4、メーカー指定休業日を除く
A
最新バージョンを含む直近2世代のメジャーバージョンががサポート対象となります。
(例:ver.3が最新バージョンの場合、ver.2までがサポート対象)
A
厳密には定義していませんが、メジャーバージョンアップが3年に1回、マイナーバージョンアップが1年に2~3回程度を予定しています。
A
製品の不具合はバージョンアップ時に修正されるポリシーとなっておリ、特にサイクルは定義していません。