SCSK GROUP

運用・保守

aider Cast FAQよくあるご質問

サービスに関するご質問

A
いいえ。初期導入としてマスターサーバーをお客様環境(オフィス/データセンター/クラウド)に構築する必要があります。
A
失敗原因の調査は可能ですが、運用管理者様を介してのお問合せ対応となるため、窓口の一本化をお願いします。
A
アプリケーション動作についてはお客様環境によって異なるため、テストグループ配信時にお客様自身でのご確認をお願いしております。ご了承ください。

配信機能(Unifier Cast)に関するご質問

A
出来ません。更新プログラム配信対象はWindows10(Pro/Enterprise)のみとなります。
A
CastMakerにて、以下の更新プログラム配信が可能です。
  • ・ Office 2010~2016
  • ・ Office 2016/2019 C2R 、Microsoft365Apps
  • ・ Adobe Flash
  • ・ .NET Framework
また、上記以外はSimple Package Editorを利用しサイレントインストールに対応している更新プログラムであれば基本的には配信が可能です。ただし、動作保証は出来かねます。
A
Unifier Castの優位性は以下の3点です。
  • ① 更新プログラムを1MB単位での分割配信が可能であることに加え、配信途中にPCをシャットダウンしても途中から配信を再開できます。そのため低帯域の環境でも配信が可能です。
  • ② 管理画面からのダッシュボード機能により更新プログラムの適用状態が一元管理できます。
  • ③ アップデート失敗時にエラーコードが翻訳した状態で表示されるため、原因の特定が容易になります。
A
必須ではありません。
ただし、AD環境があるとグループ情報をCSVでインポートできるため、設計が容易になるという利点があります。
A
CPU 2GHz以上かつ2コア以上
Memory 8GB以上
HDD 40GB以上の使用可能な領域
*配布パッケージを保存するためのハードディスク領域が別途必要です。
OS Microsoft Windows Server 2016 Standard
Microsoft Windows Server 2019 Standard
Runtime Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Microsoft .NET Framework 4.6.1 以上
Web Service Internet Information Services 7.5以上
(Windows Server 2016,2019 には、IIS 10.0が付属されています)
マスターサーバーにCastMakerをインストールして使用する場合は
Internet Information Services 10.0が必要です。
DataBase Microsoft SQL Server 2016 Express
Microsoft SQL Server 2016 Standard
Microsoft SQL Server 2017 Express
Microsoft SQL Server 2017 Standard
Microsoft SQL Server 2019 Express
Microsoft SQL Server 2019 Standard
詳細は以下URLを参照
https://www.yrl.com/fwp/spec/unifiercast.html
A
上記はクライアントPC1,000台までの環境における推奨スペックです。
マスターサーバーのスペックを増強することで20,000台超も可能です。