SCSK GROUP

運用・保守

ハードウェア保守延長サービス

メーカー保守終了後のハードウェアに対し、メーカーに代わり保守サービスを提供します。

ハードウェアのライフサイクルを考えると、メーカー保守が終了する前に新しいハードウェアに刷新することが理想的ですが、予算の確保やプロジェクト期間の長期化などの課題も多く、現実はメーカー保守終了後も一定期間利用を継続する ケースが少なくありません。しかし、ハードウェアは利用年数とともに故障率が高くなるため、保守のない状態で利用を継続する ことは高いリスクを伴います。

メーカー保守終了後もお客様が安心してハードウェアの利用ができるよう、弊社では複数の保守ベンダーと協業し、保守延長サービスを提供しています。

ハードウェア保守延長サービス

サーバー、PC、プリンターなど、各種メーカーで多くの実績があります

保守ベンダー
主な実績(一例)
CISCO Catalyst2960,3750等
HPE ML350,DL360,DL380,MSA500等
Oracle Sun Fire V240等
DELL PowerEdge 1800/1950/2900等
EMC CX300/400/500等
RICOH 5573/5577系インパクトプリンタ等
IBM,Lenovo System X、Power、DSシリーズ等
Juniper,F5 他

お客様がお持ちのハードウェアに対し、保守延長サービスがご提供できるかお調べいたします。

まずは下記の見積依頼よりお気軽にお問い合わせください。